僕はジャックラッセルテリア。気ままに、のんびり暮らしています。
プロフィール

りゅうのすけ

Author:りゅうのすけ
ジャックラッセルテリアの
りゅうのすけ です。
2005年11月生まれ。
気ままな甘えん坊。
ただいま大阪在住。
よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
見てくれてありがとう♪

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメブロにて更新中です
どうぞよろしくお願いいたします

気ままなりゅうのすけ
http://ameblo.jp/kimamana-ryunosuke/
スポンサーサイト


      「りゅうく~ん!」
        マウスでさわってみてね♪

☆ナナアニさん、ありがとうございました~!!☆


りゅうのすけのもうひとつのブログ更新中
りゅうのすけのもうひとつのブログへは こちらからどうぞ
ただいま、FC2にするか、アメーバにするか 検討中。
どっちが使いやすいかなぁ・・・よくわかんないなぁ。

とりあえず、

こっちは、僕の小さい頃を中心に書いていこうかな。
思い出したときにポツポツと・・・。

 この頃の僕のことは、こちらに書いています 
   気ままなりゅうのすけ もうひとつのブログ
      よかったら、見に来てください
ママは
「こんなに落ち込んでる りゅうのすけ 見たことがない・・・」って心配した。

それで、僕に新しいお友達を見つけようと、会うひと会うひと、あいさつした。
いろんなひとがいた。フレンドリーなひとも、そうじゃないひとも。
中にはジャックラッセルテリアを毛嫌いしてるひともいたんだ・・・。
ママは毎日シクシク泣いていた。

そんなある日、僕はピッコロちゃんに出会った!

気ままなりゅうのすけ-ピッコロちゃん笑顔

同い年のトイプーの女の子。ちょっと勝気なところが僕好み

気ままなりゅうのすけ-ピッコロちゃん大好き2 気ままなりゅうのすけ-ピッコロちゃん大好き1 


ピッコロちゃんママは笑顔で、僕たちを受け入れてくれた。

やさしい、やわらかい関西弁で
「横浜から来たん?そしたら横浜から来たひと紹介してあげよかぁ」
って、みんなが遊んでる輪の中に連れて行ってくれた。
Mダックスのサリーちゃんや、トイプーのすぅ君がいた。

やさしいひと のお友達は、みんな、やさしい。
ママの顔が久しぶりに輝いて、笑ってる

そしたら僕、うれしくなっちゃって
すう君のボールを拾って走り出した。
ママが「壊しちゃうからダメ」って言うのを無視して
得意になってボールくわえて走ってるうちに、「ごっくん・・・?!」

「あれ?!・・・僕、いま、ボールのんじゃた?!」

ママが真っ青になって駆け寄る。
今日知り合ったママたちも、心配そうにしてる。

ママは近くの獣医さんを教えてもらって、すぐに僕を連れて行った。
お医者さんはレントゲンをとって、「最悪の場合・・」なんて話をしてる。

診察台の上にいる僕の前にごはんが出てきた♪
いつでも腹ペコの僕は、ぺロッと食べちゃった。

そしたら、なんか、すごーくおいしくないもの、無理やりたくさん飲まされて、
ゲェ~っ、ゲェ~っ、って2回したら、

「出てきました~!!」

先生も看護師さんもバンザイ! って感じ。
ママは号泣してた。

「心配させてごめんね、ママ・・・。」


僕が診察室にいる間に、すぅ君お姉ちゃんが心配してわざわざ来てくれたんだって。
引っ越してきたばかりでこんなことになったママは、すごく心細かったから、
すご~く、うれしかったんだって。

という訳で、ぼくの初対面のインパクトは強烈!
次の日、「大丈夫だった?」っていう話から、すんなり仲間に入れてもらえた。
気ままなりゅうのすけ-ピッコロちゃん大好き3

気ままなりゅうのすけ-大阪のともだち出来た1

「ママ~!  僕、ともだち出来たよ! 一緒にあそべた!」

気ままなりゅうのすけ-大阪のともだち出来た2

「僕のともだち と ママのともだち、どっちもサイコーのメンバー、見つけたね!」

「りゅうのすけのおかげね、ありがとう
・・・でも、もう、ボール飲まないでね
なんだか、ただのおでかけ とはちがうみたいだ。
家の中は からっぽだし、ママがきんちょうしてる。

しんかんせん に、はじめて乗る。

「どこにいくんだろう・・・」
引越し-新幹線のなか

新しいおうち についた。近くをお散歩してみた。

「・・知ってる子のにおい、しない。」
引越し-誰も知らない1
「どこさがしても、しない・・・。」
引越し-誰も知らない2

お部屋の中も、知らないにおい。

「僕、おそとにいる・・・。」
引越し-ぼく、このおうち嫌だ。そとにいる。

「いつものおうちに、帰りたい。」

「りゅうのすけ・・・。ごめんね・・・。」

ママは、僕のこと ぎゅっ!ってして、ずっとそばにいてくれた。
// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。